経歴の同義語

達成された

達成した成果の同義語

業績を強調したいですか? 「達成した」という言葉は一般的ですが、あなたの素晴らしい成果を十分に表現できないかもしれません。潜在的な雇用主の心に響く、インパクトのある活発な同義語を発見しましょう。この同義語ガイドでは、最も効果的な代替案を示し、それらの使用方法を説明します。

目次

履歴書に「達成」を使う

「達成」という言葉は、課題やゴールを成功裏に完了したことを示す強力な言葉です。この言葉は、達成、進歩、成功を伝えます。履歴書で「達成」を使うと、過去の役割での自身の専門的な達成と具体的な成果を効果的に示すことができる力強いđộng詞になります。 履歴書の文脈では、「達成」は、キャリアでの重要な達成や節目を強調するために使われます。これは、目標を設定し、行動を起こし、結果を出す自分の能力を伝えます。これは、スキル、能力、職業倫理の証です。これは、キャリアにおいて受動的な参加者ではなく、自身の成功を主導する積極的な人物であることを、求職者に示します。 しかし、「達成」は強力で効果的な言葉ですが、すべての状況で最も大きなインパクトを与えるわけではありません。「達成」を度々繰り返すと、履歴書が単調になり、自身の業績のインパクトが薄れる可能性があります。さらに、「達成」は履歴書でよく使われる一般的な言葉であり、頻繁に使うと他の応募者と差別化されない可能性があります。履歴書の影響力を最大限に高めるためには、「達成」の類義語を多様に使うことが有効です。これにより、履歴書をより魅力的で活気のある独創的なものにし、求職者の関心を引くチャンスが高まります。

履歴書の内容を求人情報に合わせる

応募する前に、あなたの経験やスキル、全体の表現を求人情報と簡単に比較できます。
良いマッチ率
マッチングを始める

達成された強弱の使用例

履歴書に「達成した」を使う例

強い
マーケティング業界で10年の実績を持つ結果志向の専門家。革新的なデジタル施策により、ブランド認知度と顧客エンゲージメントを大幅に向上させた。売上目標を一貫して達成し、事業成長を主導したことが評価された。
弱い
10年間マーケティングの仕事に従事してきた専門家です。ブランドの認知度向上や顧客のエンゲージメント強化などを達成しました。ほとんどの場合、売上目標も達成できていました。
強い
  • 新しいマーケティング戦略を導入し、1四半期で売上を30%増加させた。
  • 部門の売上トップパフォーマーに3年連続で選出され、目標を20%上回った。
  • 効率的な業務プロセスの導入により、運営コストを15%削減した。
  • 弱い
  • 指示された業務を遂行した。
  • 必須の会議にはすべて出席した。
  • 基本的な職務責任は完了させた。
  • 一般的誤用

    "売上目標を達成した"

    この文章は非常に一般的で、具体的な詳細が不足しています。実際の達成した販売目標、それが達成された期間、その目標を達成するためにとられた具体的な戦略や行動については何も述べられていません。「3四半期連続で15%の月間販売目標を超過達成した。これは的確なマーケティングキャンペーンと効果的な顧客関係管理の実施によるものです」のように、具体的で数量化された情報を提供するのが良いでしょう。

    "高い顧客満足度を達成した"

    これは前向きな表現に見えますが、インパクトに欠け、顧客満足度がどのように達成されたのかについての具体的な情報が提供されていません。「6ヶ月以内に顧客フィードバックシステムを導入した結果、顧客満足度スコアが25%上昇した」のように、高い顧客満足度につながった具体的な取り組みや施策を述べるのが良いでしょう。

    "プロジェクトを完了した"

    この文章は非常に曖昧で、完了したプロジェクトの詳細や、それらに関する注目すべき業績について何も述べられていません。「cross-functional チームを率いて複雑なプロジェクトを完了し、その結果生産コストを10%削減し、効率を15%向上させることができた」のように、プロジェクトの具体的な成果や達成事項を述べるのが良いでしょう。

    達成した目標を別の類義語で表現する適切なタイミング

    効率性の向上

    「達成した」代わりに、「向上させた」、「合理化した」、「最適化した」といった類義語を使うことで、仕事において効率を高める能力を強調できます。これらの代替表現は、改善の余地を見つけ出し、変更を実施し、最終的に生産性を高めたり費用を削減したりするスキルを示しています。

    収益の創出

    営業や事業開発の実績を述べる際は、「獲得した」、「確保した」、「得た」といった類義語を選択できます。これらの語彙は、新規ビジネスの獲得、取引の成立、パートナーシップの締結など、企業の収益拡大に貢献した成果を強調することができます。

    問題解決

    「達成した」の代わりに、「解決した」、「克服した」、「乗り越えた」といった言葉を使うことで、問題解決力を示すことができます。これらの代替表現は、課題を特定し対処し、革新的な解決策を見出し、障害を乗り越えるという、柔軟性と批判的思考力を備えていることを強調します。

    強力で関連性の高い同義語に「achieved」を置き換える方法

    履歴書を洗練させる際は、「achieved」は達成を意味するものの、その使用には識別力と正確性が必要不可欠です。すべての業績や目標志向のタスクが「達成」に等しいわけではありません。場合によっては、業績の大きさ、重要性、本質をより適切に表現する別の用語が適切かもしれません。 履歴書の表現を改善する方法を検討する際は、自身の業績の文脈と影響を考慮してください。目標を超えましたか?難しいプロジェクトを完遂しましたか?重要なマイルストーンを達成しましたか?これらのシナリオにはそれぞれ、より具体的な用語が適切かもしれません。 履歴書の表現を向上させる機会を探る際は、業績を生き生きと描くことが目標であることを忘れないでください。「achieved」を置き換える方法をいくつか例示します。

    履歴書の要約での「achieved」の置換

    「achieved」の使用
    過去2年間で売上収益を30%増加させるなど、実績豊富な営業管理職
    強力な同義語の使用
    過去2年間で優れた成果を収め、売上収益を驚くべき30%増加させた実績のある優秀な営業管理職

    履歴書の要約での「achieved」の置換

    「achieved」の使用
    過去2年間で売上収益を30%増加させるなど、実績豊富な営業管理職
    強力な同義語の使用
    過去2年間で優れた成果を収め、売上収益を驚くべき30%増加させた実績のある優秀な営業管理職

    さまざまな職種カテゴリーに適した達成済みの同義語

    マーケティングの履歴書に最適な達成済みの同義語

    成し遂げた
    達成した
    完了した
    到達した
    成功した
    実現した

    カスタマーサービスの履歴書に最適な達成済みの同義語

    成し遂げた
    達成した
    完了した
    到達した
    成功した
    実現した

    任意の仕事に適した同義語を見つける

    仕事の説明書とレジュメを比較

    貼り付け
    アップロード
    分析して比較

    よくある質問

    履歴書で「Achieved」に代わる最適な言葉は何ですか?
    「Achieved」に代わる良い言葉は「Accomplished」です。例えば、「Achieved sales target for four consecutive quarters」の代わりに「Accomplished sales target for four consecutive quarters」と言えます。他の強力な選択肢には、「Attained」、「Realized」、「Secured」などがあります。
    履歴書で「Achieved」を使ってよいタイミングは?
    過去の職務で測定可能で定量的な業績について説明する場合に、「achieved」を使うのが適切です。例えば、「Achieved 150% of sales target for three consecutive quarters」や「Achieved a 20% reduction in project delivery times by implementing new procedures」のように。この言葉は、成果を出せる能力を明確に示すので強力です。
    「Achieved」が私の履歴書に関連しているかどうかを判断するには?
    過去の職務で具体的で測定可能な業績がある場合、「Achieved」は履歴書に関連します。「Achieved 150% of sales target for three consecutive quarters」や「Achieved a 20% reduction in project completion time」のように、成功を定量化できる場合に使うのが最適です。この言葉は目標達成力と業績を示すので、履歴書に強力な追加要素となります。